Jerome Dreyfuss

Jérôme Dreyfuss

エフォートレスシックなスタイルのパリジェンヌから絶大な人気を誇るバッグブランド「JEROME DREYFUSS/ジェローム ドレフュス」。デザイナーのJerome Dreyfuss は1974年フランス北部のナンシー生まれ。17歳でパリに移りエスモードでファッションを学んだ後、2年間ジョン・ガリアーノのもとで働き、1998年23歳の時にウィメンズコレクションでデビューを果たします。その後彼はある日、友人女性の言った“ロゴのない可愛いバッグが見つからない…。”という言葉をきっかけに、バッグデザイナーに転じる決意をします。2003年に初のコレクションを発表すると、エレガントでありながら機能的で、細部にエスプリが効いたデザインが人気を博し、おしゃれに敏感なパリジェンヌの間でファンを増やしていきました。

Women first.

“大切な彼のそばにいつも寄り添うように、JEROME DREYFUSSのバッグを愛用してほしい”というデザイナーの思いから、バッグにはモデルごとに全て男性の名前が付けられ、内側に型押しされています。またバッグの中の探し物を見つけるのに便利なようにと、内部にはコンパクトサイズの「ペンライト」が付いています。このようなユーモアのセンスと、ウィットに富んだデザインがJEROME DREYFUSSのバッグの持つ魅力であり、トレンドに流されないスタイルを持った女性達から支持され続ける理由です。
ロングセラーのチェーンショルダーバッグ「BOBI/ボビー」はコンパクトな作りながら、内側には3つの仕切りがあり、サイドに付いたジップでマチを広げられる使い勝手の良いデザイン。チェーンを付け替えることで3WAYの持ち方を楽しめ、ゴートスキンやポニースキンなどのバリエーション豊かな素材展開で、遊び心を効かせたスタイルにしっくりと馴染みます。また三角形のフォルムが特徴的なトートバッグ「BILLY/ビリー」はソフトなラムスキンにベルトやスナップボタンなどのアクセントが付き、どんなスタイルにも気負いなく合わせられ、カジュアルスタイルに程良いクラス感を添える人気のモデルです。
“I work in a really honest way. I don’t follow trends. I’m inspired by my friends and the stylish women I see in the street.”
— Jérôme Dreyfus

Around the world.

JEROME DREYFUSSのバッグは職人が選りすぐった最高級のカーフスキン、ラムスキン、爬虫類レザー等を贅沢に使って作られます。
多くのセレブリティ―にも愛用されており、現在パリに3店舗、ニューヨーク、東京、ソウルに直営店を展開。
キーラ・ナイトレイ、ケイト・ボスワース、 サラ・ジェジカ・パーカーといったセレブリティ―にも愛用される、アップカミングなバッグブランドとして世界中から注目が集まっています。